意匠

意匠法第1条に、

第一条 この法律は、意匠の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする。

と、規定されているように、意匠法での保護対象は「意匠」です。

では、「意匠」とは何でしょうか。

意匠法第2条第1および第2項には、

第二条 この法律で「意匠」とは、物品(物品の部分を含む。第八条を除き、以下同じ。)の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であつて、視覚を通じて美感を起こさせるものをいう。
2 前項において、物品の部分の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合には、物品の操作(当該物品がその機能を発揮できる状態にするために行われるものに限る。)の用に供される画像であつて、当該物品又はこれと一体として用いられる物品に表示されるものが含まれるものとする。

と、規定されています。

つまり、大雑把に言えば、「意匠」とは物品のデザインです。

ここで、「物品」とは、不動産を除く有体物であって、固有の形態を有し、独立して商取引の対象となるもの、を言います。
そのため、例えば、液体や気体は「物品」には該当しません。

また、第2条第1項括弧書きには、物品には物品の部分を含む、と規定されています。
これは、物品の部分に係る形状等であっても、「意匠」に該当し得ることを意味しています。
つまり、物品の部分の形状等に特徴がある場合には、その部分について保護を受けることができます。これを部分意匠と言います。

また、第2条第2項は、いわゆる画面デザインの保護を規定しています。
これにより、例えば、電子機器に内蔵されたディスプレイや外部接続されたディスプレイに表示されるユーザインターフェース画像を意匠法で保護することができます。

これらを含む特殊な意匠登録出願についてはこちらで説明します。

また、意匠登録を受けるための手続についてはこちらで説明します。
意匠権の効力については、こちらで説明します。


「知的財産権とは」に戻る