組物の意匠

意匠法は、一出願一物品が原則です。
しかしながら、複数の物品がまとまって一つの意匠を構成する物も多く存在します。
そのため、意匠法では上述の原則の例外として組物の意匠を認めています。
ただし、どんな組物でも組物の意匠として出願できるのではなく、経済産業省令で定められたものに限定されています。
例えば、一組のコーヒーセット,一組の台所セットがあります。

組物の意匠には、全体として統一があることが要求されます。
ここで、全体として統一があるとは以下のことを言います。

  • 構成物品の形状等が同じような造形処理が施されている
  • 構成物品が全体として一つのまとまった形状等を表している
  • 構成物品の形状等により物語性等の観念的に関連がある印象を与える

また、当然ながら、組物の意匠全体として、一般的な意匠の登録要件を満たしている必要があります。

なお、組物の意匠が、全体として統一がないとして、拒絶理由が通知された場合には、分割出願をすることができます。


「特殊な意匠登録出願」に戻る